南部病院について

ご挨拶

院長 外間力人からのご挨拶

院長 外間力人
院長 外間力人

この度、城間寛先生の後任として友愛会南部病院の院長を拝命いたしました、外間力人と申します。2011年4月1日より友愛会南部病院整形外科に勤務しております。
南部病院は、地域に根ざした介護と在宅サービス部門、患者さんが気軽に受診できる生活習慣病を中心とした地域のかかりつけ医としての役割を担う診療部門、患者さんの一日も早い社会復帰のお手伝いをするリハビリ部門、そしてガンを患われた方々の心身のケアを行う緩和医療部門から構成されています。
介護と在宅サービスは、患者さんのご自宅までお訪ねする訪問診療・訪問看護・訪問リハビリからなり、来院して頂く通所リハビリも患者さんやそのご家族のご希望に出来るだけ応えられるようきめ細やかなサービスに努めております。
当院は、基本的に患者さんには紹介状なしで、受付時間内でしたら気軽に受診して頂くことが出来ます。お薬による治療だけではなく、栄養指導や運動指導なども専門スタッフを揃え、積極的に行っております。
リハビリに関しましては、骨折や怪我、脳血管障害が原因で麻痺の残る方々の社会復帰にも真摯に取り組んでいます。在宅サービスである訪問リハビリ、通所リハビリとも連携し、回復に向けてスタッフ一同全力で治療に取り組んでおります。
緩和医療の部門では、重症ながん患者さんの痛みをなるべく取り除くよう努め、患者さんの身体を楽にするだけでなく、患者さんやそのご家族の気持ちに寄り添う医療を目指しております。
当院では、豊見城中央病院が担当した外傷をはじめ、脳血管障害や心筋梗塞等の一分一秒を争う超急性期で受診された後症状の落ち着いた方、又長期に渡っての治療やリハビリが必要な患者さんの加療も行っております。豊見城中央病院と共に、病状を注意深く見守り、患者さんに一日も早く回復して頂けるよう友愛会全体で、最適な治療を考えて行っております。
又、治療は友愛会内のみならず、他の急性期病院、地域の開業医の先生方、高齢者養護施設、そして行政とも連携を取りながら、地域に根ざした包括ケア病院としての役割を担うため、地域医療に力を注いでおります。
その一環として医療介護相談窓口を設けており、地域の先生方や施設の方々、患者さんとそのご家族からの相談にも積極的に応じております。是非ご活用頂きたく存じます。
これからもなお一層、地域の皆様に貢献できる南部病院にしていきたいと全職員一丸となって医療環境の充実に精進して参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年6月

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 友愛園
  • 介護事業部
  • 採用情報