南部病院について

ご挨拶

院長 城間寛からのご挨拶

院長 城間寛
院長 城間寛

 友愛会南部病院においては、地域の皆様のご支援を賜り感謝申し上げます。
さて、少子高齢化社会の到来と言う言葉が聞かれるようになって久しいですが、地域包括ケアシステムと言う言葉をご存知でしょうか?日本は、諸外国に比べて非常に速いスピードで高齢化が進行しています。65歳以上の人口は現在3000万人を超えており、2042年に約3900万人でピークを迎え、その後も75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。この様な状況の中、団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)以降は国民の医療と介護の需要がさらに増加することが見込まれます。このため国は、2025年を目途に、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、人生の最後まで暮らし続けることが出来るような、地域の包括的な支援・サービス提供体制の構築を推進しています。ここ糸満市でも行政が中心になって医療施設、介護施設、自治会などが一緒に集まって今後、高齢化社会になった時にどの様に対応していくか、話し合いが始まっています。皆様の中にも当事者となって困ってしまうこともあると思いますので、南部病院としては、行政とも一緒になって医療・介護の事で地域の皆様が困らないように、情報の提供や、医療・介護のサービス提供に努めていきますので何かあればどうぞご相談ください。

平成29年7月

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 友愛園
  • 介護事業部
  • 採用情報