地域連携室について

心臓超音波(エコ-)検査

 超音波(エコ-)検査とは、人の耳では聞き取れないほど非常に高い周波数の音波(20KHz以上)を用いて、生体内臓器の構造や血流を観察する検査法です。心エコ-検査は胸壁に探触子をおき、心臓内に超音波ビームを投入し返ってくるエコ-(反射波)を受診し画像に映し出し、心臓内の構造物の形態・心筋の動き・血流動態を観察する検査です。

<検査方法>
 検査衣に着替え、胸部を露出しベッドに仰向けあるいは左側臥位になって寝ている状態で、プローブと呼ばれる超音波発信器を肋骨の隙間に沿うようにあてて行われます。同時に心電図も記録する為、手首と足首に電極を取り付けます。
検査時間は約20~30分程度です。

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 友愛園
  • 介護事業部
  • 採用情報