MEセンター

医療機器の共有システムについて

多くの医療機関では高価な医療機器・設備が遊休設備となってしまう事が多く、それらの効率的な運用は病院経営での重要な課題になっています。行政の推進する他施設と医療設備を共同利用する事や最適化を目指す効果的な共有化は、機器を借りる病院では経営のリスクとコストを下げることが可能ですし、貸し出す病院にとっては新たな収益の機会となり、病院経営にも患者サービスにおいても多くのメリットを与え、今後の更なる発展を期待できるシステムです。

施設用医療機器の共有について

施設用医療機器は、導入費用のほか安全に使用するための保守管理費用が、コストの大半を占める結果になっています。医療機器は、医薬品と異なり耐久消費的に使用される事から、常に保守管理された機器が迅速に診療現場に供給される事が重要です。医療機器を医療施設間で共有する事は、効率的な運用での安全使用とコスト削減を実現します。私たちは、医療機器管理の専門職として、診療の現場に良質安全な医療機器と管理業務を提供します。

在宅用医療機器の共有について

在宅用医療機器は、すべての利用者が自宅でも安全で効果的な医療サービスを受ける事できる環境を整えて提供される事が重要です。友愛会では、診療に関わる知識豊富な専門スタッフが情報を共有し、機器や製品の使用方法についての教育と実践的なデモンストレーションを提供します。私たちは、すべての利用者が低い負担で高い効果を得る医療サービスを受けるための、在宅用医療機器および管理業務を提供します。

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 友愛園
  • 介護事業部
  • 採用情報