緩和ケア

緩和ケア病棟の案内

友愛会では、豊見城中央病院、南部病院で
医師、看護師、薬剤師、心理療法士、ケースワーカー、リハビリ、栄養科など各職種を交え
チーム医療を行い、「がんにともなう苦痛緩和」を目指しています。
緩和ケア病棟とは 皆様へのお願い スタッフ紹介
緩和ケア相談室 病棟見学・来院相談 入院までの流れ
待機期間削減の取り組み 緩和ケア初診外来(入院判定) 入院費用について
病棟設備について 入院生活について 在宅緩和ケア
地域活動 ボランティア募集 パンフレット(PDF)
臨床実習 看護学生・研修生臨床実習について(new)

緩和ケア病棟とは

 病気の治癒を目的とせず、患者様とご家族の苦痛を取り除き、可能な限りそのひとらしく、快適な生活を送れるようにすることを目的とした病棟です。
 最も大切にしていることは、患者の意思を守り、尊ぶことです。従って患者の意に反することや希望しないことは行われません。また、そのような事を強制されることもありません。患者が誰にも遠慮することなく、生活できることが保障されます。
 緩和ケア病棟は、医師、看護師、薬剤師、栄養士、MSW、理学療法士が主なメンバーで、その他全職員が関わっています。各自の役割を十分に発揮し、患者と家族の生活の質(QOL)向上を支援します。
また、在宅療養の希望があれば、在宅サービス部門と連携し、在宅医療や福祉サービスの調整、レスパイトのご相談に応じます。

<病棟理念>

友愛の心で、一人ひとりの気持ちを尊重し、あなたらしく生きることを支えます。

Ⅱ <基本方針>

  • 1,一人ひとりの生き方や生活を尊重した緩和ケアを提供します
  • 2,患者さま・ご家族の人間性と尊厳を守ります
  • 3,多職種が連携し、「からだやこころのつらさ」に緩和ケアチームとしてケアを提供します
  • 4,緩和ケアの普及と向上に貢献します
  • 5,地域の医療機関と連携し、在宅療養を支えます

Ⅲ <行動指針>

  • 1 人が生きることを尊重し、誰にも例外なく訪れる『死への過程』に敬意を払う
  • 2 死を早めることも死を遅らせることもしない
  • 3 痛みやその他の不快な症状を緩和する
  • 4 精神的・社会的な援助を行い、患者に死がおとずれるまで、生きていることに意味を見いだせるようなケア(霊的ケア)を行う
  • 5 患者が困難を抱えてそれに対処しようとするとき、患者の療養中から死別した後まで家族を支える

平成25年9月

平成27年4月改訂

☆ 皆様へのお願い ☆

  • 緩和ケア病棟では、ソーシャルワーカーを専従の相談員として1名配置し、皆様のご相談に対応させていただいております。
  • 病棟見学や入院を希望する方は、あらかじめ緩和ケア相談室にお電話いただき、ご予約をとってからご来院下さい。
  • 相談員は、入院中の患者様やご家族の相談支援と並行して、ご予約をいただいた患者様の対応をさせていただいておりますので、突然の来院の際の応対は大変困難です。
  • お一人お一人の患者様やご家族との時間を大切にさせていただきたいと考えておりますので、突然の来院はご遠慮いただきますよう、ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

スタッフ紹介

担当医師:2名

緩和ケア認定看護師:2名

看護師19名、看護補助者3名

私たち看護師は、24時間2交代制でお世話させて頂きます。

また、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、薬剤師、社会福祉士、心理療法士などがおります。

私たちはチームとなり、協力しあいながら支援いたします。

☆ 緩和ケア相談室 ☆

 緩和ケア相談室では、ソーシャルワーカーを専従の相談員として1名配置し、入院前、入院中と継続的に患者様、ご家族の心理社会的援助をさせていただいております。

 電話によるお問い合わせや来院相談、病棟見学などの窓口にもなっております。

 緩和ケア入院について迷っている方や、悩んでいる方々からの相談もお受けしております。ひとりで悩んでいる方、どうしたらいいかわからない方などどのようなことでもご相談下さい。

例えば・・・

○緩和ケアは入院費が高いのでは?

○緩和ケア入院をしたら家に帰れないのでは?

○緩和ケアの病棟や病室はどんな様子なのか?

【電話番号】

098-994-0501(病院代表)

電話交換手に「緩和ケア相談室につないで下さい」とお伝え下さい。

【受付時間】

月~金曜 午前9~午後4時

土日・祝祭日・年末年始はお休み

【相談室の場所】

地域連携相談室;1階医事課の後ろ(案内図参照

病棟見学・来院相談

緩和ケア病棟見学

  • 緩和ケア病棟を見学してから入院を検討したいというご希望の場合、ご予約を承り緩和ケア病棟をご案内いたします。
  • 病棟内は患者様の大切な療養環境であるため、予約外のご案内はいたしかねますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 患者様のプライバシーに配慮し、満床時は病室内のご案内ができない場合もありますので、予めご了承下さい。その際は写真等でご案内をいたします。

来院されての相談

  • お電話ではなく当院にて相談員に直接相談を希望される患者様、ご家族の方はあらかじめご連絡をいただき、ご予約のうえご相談をお受けしております。
  • 相談室でお話を伺いますので秘密は厳守されます。どのようなことでも安心してご相談下さい。
  • この際、主治医の紹介状は不要です。入院等のご相談は後日面接と担当医師の診察に来院いただくことになりますので、ご了承下さい。

電話によるお問い合わせ

  • 上記時間内にお電話いただけるようお願いいたします。
  • 内容によっては来院のご相談にさせて頂きます。

☆ 入院までの流れ ☆

  • ご本人またはご家族から緩和ケア相談室にご連絡下さい。
  • 相談員がお話を伺い、現時点で入院が必要かどうかの検討をさせていただきます。

    入院が該当しない場合の例

    ・抗がん剤治療、放射線治療等の治療中である

    ・ご本人が希望していない

    ・ご家族が希望していない

    ・主治医の紹介がない

  • 入院が必要とされた場合には、緩和ケア外来の予約を調整させていただきます。

    主治医へ紹介状等のご依頼をさせていただきます。

  • 予約日時にご来院いただき、緩和ケア外来にて相談員との面接担当医師による診察によって入院判定をさせていただきます。

    紹介状と検査データ、検査画像等をご持参ください。

☆ 待機期間削減の取り組み ☆

当院では、早急に緩和医療を必要とされている患者様を、早期にお受入れさせていただけるように、
ソーシャルワーカーを専従の相談員として1名配置し、待機期間削減の取り組みをさせていただいています。

  • 入院を急ぐ方々を早期に初診外来へご案内

    以下の条件が整っている方をご予約の対象とさせていただきます。

    ・ご本人が緩和ケアについて理解しており、入院を希望している。

    ・ご家族が緩和ケア病棟入院に同意している。

    ・主治医の紹介状がある。

  • 今すぐではなく将来的に入院をご希望の方には相談員が個別に対応

    「病棟を見てから決めたい」「まだ迷っている」「相談をしてから入院を考えたい」
    「将来的に入院を考えている」という患者様とご家族を対象に、相談員による来院相談(要予約、相談無料)をおこなっています。

  • 緩和ケア相談室へお電話いただき、事前にご予約をお取り下さい。
  • 初診外来予約にはなりませんのでご了承下さい。
  • 紹介状は不要です。

県内における緩和ケア病棟は徐々に増えてはおりますが、まだまだベッドの数が足りないのが現状です。

早期に入院を必要とされている方々のためにも、待機期間削減の取り組みにご理解とご協力を宜しくお願います。

☆ 緩和ケア初診外来(入院判定) ☆

  • 緩和ケア相談室にお電話下さい。

    現在の状況について相談員がお話を伺います。ご本人、もしくはご本人のお身体の状態をよく把握されているご家族からのお電話をお待ちしています。

    【電話番号】

    098-994-0501(病院代表)

    電話交換手に「緩和ケア相談室につないで下さい」とお伝え下さい。

    【受付時間】

    月~金曜 午前9~午後4時

    土日・祝祭日・年末年始はお休み

  • 入院判定と初診外来(完全予約制)

    相談員が現在の状況、緩和ケア入院に対するご本人、ご家族のお考えをお聞きし、

    入院該当と判断させていただいた患者様には、必要書類をご説明のうえ、緩和ケア初診外来(面談)予約を取らせていただきます。

  • 緩和ケア初診外来

    ・緩和ケア初診外来は概ね30程度の枠を設けております。

    ・ご本人様の来院が困難な場合は、ご家族だけでの代理受診も可能です。

    費用:3,240円(税込み)

  • 緩和ケア初診外来に必要なもの

    ・紹介状

    ・CT、MRI等画像類

    ・患者様の健康保険証

    ・相談員が予診をいたしますので、予約時間の20分前までに緩和ケア外来中待合までおこし下さい。

  • 緩和ケア医師の診療

    ・時間になりましたら相談員がご案内します。

    ・診療後に入院判定会議をおこない、入院が必要とされた場合には待機者リストに登録されます。

    ・受入れの準備が整い次第、電話にて入院日時等のご連絡をします。

☆ 入院費用について ☆

医療費

 入院医療費は、健康保険、老人保健制度、医療福祉制度、高額療養費制度などが適用されます。

 あらかじめ限度額適応認定証などの所得区分の「認定証」を交付申請して、会計窓口で提示すれば、窓口での医療費の支払い額を自己負担限度額までにすることができます。

緩和ケア入院料として(1日につき)

平成28年6月現在

入院日数 一日あたりの入院料
3割負担 2割負担 1割負担
30日以内 14,780円 9,850円 4,930円
31~60日以内 13,200円 8,800円 4,400円
61日以上の場合 9,900円 6,600円 3,300円

食事代

360円×3食=1,080円/1日

ベッド数と室料

21床

室内イメージ

特別個室(2部屋)
¥3,240

有料個室(1部屋)
¥2,160

一般個室(14部屋)
2人部屋(2部屋)

☆ 病棟設備について ☆

入院中、ご利用になる設備関係について簡単なご説明です。

デイコーナー

病棟には、共同スペースとしてゆっくりと座って話ができるスペースがあります。
気分転換やご家族の方、面会の方々が来られた際など、ご自由にお使い下さい。

食堂・談話室

共有スペースとしてデイコーナー以外にも食堂を兼ねた談話室があります。
食器類やポット等を準備していますので、ご家庭の味を調理して頂くこともできます。

家族控え室

ご家族が病院に宿泊される場合にご利用頂けるようにしています。
ご利用を希望される方は、病棟スタッフにご相談下さい。

ランドリー

洗濯をされる場合は、病棟内にあるランドリーをご利用いただけます。
ランドリーには、洗濯機と乾燥機を設置しています。
ご利用には、100円をご用意下さい。
★当院では、洗濯はご家族にお願いしています。

☆ 入院生活について ☆

面会

面会時間の制限はありません。24時間いつでも面会は可能です。
但し、21時以降の面会は、他の患者のご迷惑にならないようご配慮をお願いします。
正面玄関は平日20時・休日15時、日曜日は終日施錠します。守衛室前は、23時から5時まで施錠しますので、インターホンを押して頂き「面会名簿」をご記入の上面会できます。
また、患者様やご家族の希望で面会の制限も可能です。ご相談ください。

付き添い

すべての部屋にソファベッドをご用意しております。いつでもお泊りいただけます。
タオルケットなどを持ち込んでいただいてもかまいません。

お酒について

お酒によって辛さが和らぎ、食欲がでるようでしたら少量嗜むことができます。なお、お酒は患者様のみになります。

ペットの面会

小型犬、猫、小鳥などのペットは鳴き声や臭い、病気等に問題なければ面会することができます。病室までは、ケ-ジに入れるなど目立たないようにして下さい。
鳴くことが予測されるペットは、セーフティマスクの装着をお願いします。また、予防接種を受けていることが条件です。事前にご相談下さい。排泄物の管理もお願いします。

外出

ご家族での外出は基本的にいつでも可能です。
主治医の許可が必要になりますので、あらかじめご相談ください。

外泊

原則一泊ごとになります。一泊を週に何回繰り返していただいても結構です。
お薬の準備等がありますので、おそくとも前日までにはお申し出ください。

退院

症状が安定している場合、ご自宅などへ退院していただくこともできます。
退院後、再度入院をご希望しても構いません。
ご自宅等での生活を地域の在宅サービスと連携してサポートいたしますので、あらかじめご相談ください。

相談支援

患者様、ご家族からのさまざまなご相談をおききいたします。
ソーシャルワーカーが窓口となりますので、療養生活におけるご希望やご不安などご相談ください。

リハビリテーション

患者様の状態にあわせて、日常生活動作の維持などを目的に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションを受けることもできます。

食事

食欲のない患者さまへ、そうめん汁、そうめんチャンプルー、クラッカー等の「アラカルトメニュー」を準備しています。
また、病棟冷蔵庫には各種栄養補助食品も準備しています。お気軽にお声かけ下さい。

薬剤科

主治医と連携して症状緩和をはかります。
現在使用中の薬剤やサプリメントに対しご質問がありましたらご相談下さい。

その他

★ご自宅の家具・愛蔵品をお持ち込みになることもできます。
★週1回(水曜日)8:00から緩和ケアチーム(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカー)がベッドサイドに伺い、患者、家族のご要望をお聞きします。

在宅緩和ケア

友愛会の在宅サービス部門(友愛会訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、ヘルパーステーション)では、がんの患者さんの在宅療養をサポートしています。

お住まいの地域に、どのような在宅サービスがあるのかを把握し、患者様に 合わせてコーディネートすることができます。病棟で受けておられたケアが 在宅でも受けられるように手配することもできますし、在宅でケアを受けて そのケアを病棟で引き続き受けることもできます。 どうぞご相談下さい。

南部病院訪問診療

訪問診療体制 → 訪問診療のページへ

在宅緩和ケアへ移行した患者・家族を継続的にサポートするため、訪問診療部門と連携し、院内緩和ケアチームにおける在宅訪問診療を行なっています。

在宅支援診療所との連携

友愛会南部病院は、在宅療養支援病院として地域の病院、診療所と連携しています。
緩和ケアにおいても、緊急時に入院できる体制、連携している医療機関への相談体制や研修等の体制を整えています。

地域活動

友愛会緩和ケアチームでは、「地域医療へ貢献する」病院理念を基に、地域講演会や研修会等緩和ケアの啓蒙活動を積極的に行なっています。
公民館、ミニデイなどお住まいの地域に「出前講演会」を開催いたします。どうぞお気軽にお声かけ下さい。

連絡先:友愛会南部病院 098-994-0501(代)
     総務課

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 友愛園
  • 介護事業部
  • 採用情報