地域連携室について

睡眠時無呼吸検査(PSG)

 ポリソムノグラフィ(PSG)検査は、脳波、眼球運動および頤筋筋電図を基本とし、 呼吸、心電図、動脈血酸素飽和度(SpO2)、いびき、前脛骨筋筋電図、体位、体動などの生体現象を同時記録することが出来ます。それにより終夜における睡眠深度、その経過や睡眠中の呼吸および循環の生理現象を総合的に評価し、睡眠呼吸障害の有無を調べる事が出来ます。睡眠時と言う名の通り、睡眠中の検査なので一泊入院して頂き検査を行いますが、夜間のみ(夕方~翌日朝方まで)の検査の為、仕事をされている方でも翌朝そのまま出勤する事も可能です。

<検査方法>
  睡眠時の呼吸障害を詳細に診断する為、数多くのセンサーを装着した状態で一晩寝て頂きます。装着するセンサ-は以下の通り
脳波 睡眠の深さを判定します
眼球運動 レム睡眠・ノンレム睡眠の判定をします
心電図 無呼吸による心拍数変化や不整脈がないか調べます
パルスオキシメーター 無呼吸による低酸素血症がないか調べます
おとがい筋電図(あご) 睡眠の状態を判定します
下肢筋電図 足のムズムズ感覚による睡眠の妨げがないか調べます
気流センサー 鼻・口からの呼吸を調べます
呼吸センサー 胸部・腹部の呼吸時の喚起運動を調べます
体位センサー 検査中の体の向きを調べます
いびきセンサー 検査中のいびき音を調べます
<検査の流れ>
18:30~
*受付・入院
*問診
20:00~21:00
*検査説明
*電極センサー装着
21:00~
*検査開始(就寝)
~6:00
*起床・退院

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 友愛園
  • 介護事業部
  • 採用情報